公立中高一貫校の利点

公立中高一貫校の利点はたくさんあり、人気もとても高いと言われています。なんといっても公立中高一貫校は教育費が安く、そのうえ教育に力が入っているということで親にとっても魅力的なのです。中学校は公立なので無料で、高校も公立高校の学費なので私立中高一貫校とは大きな差があります。

ただし人気のある学校ばかりではありません。やはり大学受験が実績になるので、良い大学への進学率が高いと応募人数もずっと増えるのです。そしてそんな公立中高一貫校はどんどん人気が高まり、逆に大学進学率が低い場合は人気も落ちていくということになります。しかし公立の中高一貫校はまだまだ新しい学校が多いので、みんなでつくりあげていくという楽しみが先生たちの中にもあるため、これからどんどん人気校が増えていくのではないでしょうか。最近では公立中高一貫校に入るための塾も盛んになっているようです。

受験は私立中高一貫校とはまったく違ったタイプの試験なので、公立中高一貫校専用の勉強をしてくれる塾が増えている現実もあります。そのため結局、教育熱心な親に育てられている子供が増えることで、レベルも上がってくることになりそうです。しかし、公立中高一貫校ならではの良さはなくさないで欲しいものです。