私立中高一貫校受験の落とし穴

私立中高一貫校はやっぱりとても人気があります。その一つの魅力はいざとなったら大学までエスカレート出いけることや、勉強のレベルが高い、教育が丁寧などです。しかし私立中高一貫校の受験において、思わぬ落とし穴もあるので親が注意するようにしましょう。

まず中学受験では特に私立の場合、学校のレベルとはまったく違った試験内容が出ます。まったく勉強をしたことがないような問題が出てきますが、そんな試験を受けたときに自分はこれだけ勉強したのにこんな難しい試験があるのだと思ってしまい、自分に自信をなくすこともあります。また私立中学受験のために、「勉強しなさい」という親の言葉にアレルギーを覚えてしまうと、心を閉じてしまう子供もいます。また一生懸命子供ながらに親の思いに従って勉強したものの、燃え尽き症候群になってしまうこともあるのです。

そんな辛い受験勉強をして、私立中高一貫校に合格した子供の中でも、第一志望に受かった子供は3人に1人と言われています。もちろん受験に成功した子供の中での話なので、受験に失敗した子供は何十倍もいるわけです。しかし低年齢の受験には子供の心が壊れるようなことも起る場合もあることもあります。そんなふうにならないために中学受験の場合は逃げ道をつくるようにしてあげることです。