私立中高一貫校で塾は必要か

私立中高一貫校では中学に入学したら、そこから高校受験は必要ない、受験勉強はしなくて済みます。そのため学校の勉強をきちんとしていけば問題ありません。ただし、学校の勉強についていけないと言う場合は、塾より家庭教師に学校の勉強にあわせた勉強を教えてもらうようにしましょう。

中学生の塾は高校受験のための受験塾か、公立中学の勉強にあわせた塾がほとんどです。そのため私立中高一貫校の中学の場合、塾は基本的には必要ありません。そのためクラブ活動も思いっきりすることができるというメリットもあるようです。

さて、私立中高一貫校の高校になると、同じ系列の大学がある場合は、普通の成績を取っていればエスカレーター式に、大学にも入れるところがほとんどです。その場合は中学のときと同じように学校の勉強が普通にできていれば塾は必要ありません。逆に学校の勉強に後れを取っている場合は、やはり家庭教師を利用するのが適切でしょう。

ただし系列に大学がなかったり、系列の大学以外の大学へ受験する場合は、大学受験塾や家庭教師を利用することが必要になります。受験勉強は学校の勉強とは違うので高校2年生の夏休み頃から受験対策を考えるようにするといいでしょう。