私立中高一貫校の中2からの注意

私立中高一貫校に入学して中1が終わった状態のときの成績がとても重要です。私立の場合カリキュラムの進み方がとても早く、丁寧に教えてくれはするものの、ついていけなくなることもあります。そんなときには早いうちに分からなくなったところを穴埋めしないと、どんどん落ち込んでしまうことになるのです。

私立中高一貫校の場合、中学3年生で大きく差が開いてしまいます。その上、高校からはできの良い子供が公立中学から入ってくるため、より付いていけなくなる傾向があるのです。そこでまず中学1年生が終った時点の成績で、中学2年生にかけて家庭教師をつけて、どんどん穴埋めをしていき、中学2年生の夏休みいっぱいまで1年生の穴埋めをして、しっかり土台をつくるようにします。

そうすると、今度は良い波に乗ることができ、自力で頑張ることができるようになります。特に英語と数学は穴が空いたと、できるだけ早いうちに埋めることが重要です。そのところだけしっかり注意しておくと、私立中高一貫校の魅力が十分感じられるはずです。逆にそこら辺をルーズにしていると、取り返しがつかない状態になることもあるので注意しましょう。ポイントは中1の最後の成績となります。