私立中高一貫校から外部大学受験

私立中高一貫校は大学の付属校が多く、その大学が名の通ったところほど、中高での勉強は大学受験とは掛け離れたものになっています。逆に付属大学があまり人気のある大学でない場合や付属大学がない中高一貫校の方が大学受験に対してとても熱心な勉強をします。

もし名の通った付属大学がある中高一貫校の場合は、外部大学受験するためには、個人個人大学受験対策をしていくことが必要になります。そして大学受験塾などに早めに通わせるようにした方がいいでしょう。この場合、高校に上がった時点で他校大学受験を意識した勉強をするようにします。

しかし中学から続けているクラブも辞めたくないはず。そうなるとどうしても大学受験対策は遅れがちになることが多いようです。その場合は高校2年生の夏休みからのスタートがおすすめです。ただし難しい外部大学を狙っている場合は、その時期から始めると受験塾も相当難しくなっているので、家庭教師とマンツーマンの方がいい場合もあります。また中高一貫校でのんびりしてきた子供は、外部塾の激しさに付いていけないこともあります。こういう場合はやはり塾より家庭教師か、そのダブルで対応する方がいいのではないでしょうか。