私立大学付属中高一貫校の内部受験

私立大学付属中高一貫校の内部受験の場合、評定平均値に達せない生徒は、いくら付属大学や系列大学があっても推薦されません。もちろんボーダーラインはとても厳しい学校と、とても甘い学校があるようです。どちらにしても付属中高一貫校から内部進学したくても、そのボーダーラインに入れなかった場合は一般試験を受けるようになります。

一昔前は素行や出席日数がきちんとしていれば、少々成績が悪くても内部進学ができたものです。しかし最近はとても厳しくなり素行や出席日数は当たり前。そして成績も当然きちんとした評価がされないと難しくなります。もちろん、「このままでは付属大学には進めません」という注意なども受けることができるので、付属中高一貫校にいることは確かにメリットではあります。しかしこのような事態になったら、徹底的に成績を上げる必要があります。

そのときに活躍するのは、やっぱり塾より家庭教師です。大学受験よりとにかく学校の勉強を上げることが第一と考えてしっかり勉強させるようにしましょう。注意を受けた時点で付属の大学に行くのか、他の大学を目指すのか決めることが大切です。それによってそれなりの勉強の仕方に替えていかなければなりません。もし内部進学をするなら、家庭教師を利用して学校の勉強をしっかりアップさせていくことが必要です。