中高一貫校の受験と親の姿勢

中高一貫校の受験というと、小学校6年生のときに受けるものです。とはいってもその内容の難しさはプロに任せたくなるほどです。私立中高一貫校の場合は小学校で教えないようなことまで要求されます。大人でもどれが出るかなど、プロの目を持っていないとまったく想像もつきません。

また公立中高一貫校の場合、勉強は見てやれても文章の読み取り、ロジックの組み立て方、理論的な考え方、文章によるコミュニケーション能力などは、どのように伸ばしてやっていいのか分かりません。現実に親自体もこれらがだいぶ不足している年代です。このようなときには、受験塾や家庭教師を利用するということになります。しかし親も手出しができないからプロに任せるというだけでは、やっぱり受験は成功しません。親も一緒に学ぶという気持を持ちましょう。逆に子供に教えてもらうということもおすすめです。

人にものを教えることで、自分が理解できることや理解が深まることもあります。そして大きな自信にもなるのです。大学受験とは違うため親子で一緒に勉強していく姿勢が、子供の受験に多いに影響すると言われています。親は何もしないくせに「勉強しろ」ということだけ言っているというふうに子供からは写ることがよくあります。親が一緒に頑張ることで、子供も「頑張ろう」と言う気持になるのではないでしょうか。