中高一貫校受験は大人の理窟はとおらない

中高一貫校受験をする場合、子供は自分だけが勉強をしなければならない理不尽さを感じることがあります。本当は自分も受験に成功したいし、親の喜ぶ顔も見たいのです。それでも勉強の辛さに「どうしてこんな受験をさせるのだろう」と考えてしまうことも。親は親の立場から、子供の教育のために自分は家を守ったり、お金を貯めるために仕事をしたりとできることを一生懸命やっているはずです。しかしそこまで理解することは、まだ小学生には難しいところがあります。

もっと親が寄り添ってあげることが大切ではないでしょうか。ただ夜食を運び、子供が起きている間はじっと一緒に起きているという寄り添い方ではありません。子供と同じ勉強を一緒にしていくのです。つまり受験友達になることなのです。それによって分からないところを教えてあげることもできます。子供に分からないと言って教えてもらってもいいでしょう。親に教えることですごい自信がつきます。そして親も一緒にやってくれるという心強さが子供を頑張らせてくれるのです。

もちろん大学受験でこんなことをやっていたらそれこそアウトですが、小学生にはこの方法がとても効果があると言われています。上に立たず、同じ目線で一緒に勉強をしたみることもいいのではないでしょうか。「お母さんも昔やったこと忘れちゃったから一緒に勉強しようかな」と言って寄り添ってみてはいかがでしょう。