中高一貫校が失敗したと感じるとき

特に大学付属の私立中高一貫校は人気があります。とりあえず高校の受験をしなくても、ある程度レベルのしっかりした勉強ができるという安心感があるので、合格するとみんな一気に肩の力が落ちてしまいます。生徒も親も、付属大学にもそのまま上がることもでき、もし受験するとしてもまだ6年も先という気持ちで、とにかく気を緩めてしまいます。しかし実はここで気を緩めることで中高一貫校に入ったことが無駄になってしまうのです。

入学して安心すると、ほとんどの子供たちは中学3年間はのんびり過ごしてしまいます。高校になってレベルの高い子供たちが他校から入学するため一気にレベルが上がり、結局下から上がってきた子供たちは落ち溢れ組に入ってしまうということが多いのです。現実には中学から入っている子供の家庭は金銭的に余裕があるので、ギリギリになって塾や家庭教師をつけて、どうにか最悪の状態にならないようにしているのです。

特に私立中高一貫校でも受験校はこのようなことはありませんが、付属の大学がある場合はとかくこのような落とし穴もあるので注意しなければなりません。受験校になると毎日の勉強についていけずに、手遅れになってしまうといくらレベルの高い学校に通っていても、大学受験で失敗するようになることもあります。中高一貫校の良さを存分に生かすためには気を引きしめて勉学に励みましょう。将来の重要性を小さいころから理解しておくことで将来の選択肢は無限に広がり子供自身がやりたいことに直面したときにそれを叶える術を身につけておくことができるのです。