レベルの高い私立中高一貫校では

受験校としてレベルの高い私立中高一貫校の場合、中学で入学したらそこで肩の力を抜かないようにしましょう。レベルの高い受験校ほど入学して始めての夏休みが終った頃から、完全に成績の上位者が決まってしまいます。入学してすぐに肩の力を抜いた人は、ほとんどこの夏休み後の成績で上位者にはなれません。しかし入学してから肩の力を抜かず、逆に夏休みにグーンと効率のよい勉強をすると、9月からの成績の上位者になれるのです。

中1の9月以降の成績の上位者はほとんど指定席と言われています。つまりその時期に上位者になった人は、今後もその順位をキープした勉強法が身に付いているということなのです。もちろん小学校から勉強法が身に付いている人もいますが、ほとんどは入学してからが勝負となります。このメカニズムを知っている人は、中1の夏休みに家庭教師をつけて徹底的に成績を高めることをします。

そこで勉強法をしっかり身に付けることができれば、これからの成績も上位で頑張れるのです。そして中学1年の夏失敗したら、中学2年に上がるまでに分からないところをしっかりクリアしておくと、中学2年になって上位狙いができることにもなります。もちろん上位になることが目的では、上位というのはあくまでも結果なのです。本当の勉強法が身に付いていれば自然と上位になることができ、もちろん大学受験という目的のために勉強法を早く身に付けることが重要なのです。