私立中高一貫校から付属大学希望者が増えている

最近は「絶対に国立のレベルの高い大学に入れたい」「私立でもトップクラスの大学に入れたい」というより、そのまま無事に何事もなくエスカレータ式に付属の大学に入ってくれればいいという親が増えています。この場合はとりあえず中学受験をさせて、付属大学のある中高一貫校の受験を考えます。

そして入ってしまったら親も子供もホッとして、のんびりとした受験とは違った時間を過ごすわけです。そしてその年代に大切な勉強以外のことも、十分体験できることも大切ではないかと考える親も増えています。その場合は内部入学ができるような勉強をするだけでOKです。その学校のカリキュラムにあった塾に通わせるのも一つですが、やはりつまずいたときに早めに家庭教師などをつけて遅れを取り戻すようにするのが一番ではないでしょうか。

受験がないので気を抜きすぎていると、カリキュラムについて行けなくなるので注意が必要です。きちんと毎日の勉強をしておけば、家庭教師や塾に通わなくても内部進学はできますので、気を抜かないようにしていきましょう。またその学校専門のクラスのある塾は少ないので、通うときにあまり時間がかかるようなら、家庭教師の方が良いかも知れません。